トップ

マンションのフロント

マンション管理会社フロント選び

マンション管理とフロントマン

高級ホテルで、フロントマンに美味しいお店を紹介してほしいとリクエストしたら、すぐにいくつか紹介してくれた、洋服のクリーニングを頼んだら、次の日にはきれいになって戻ってきたというような経験をすればそのホテルに対する満足度が増していきます。
同じようにマンション住民や理事会のリクエストを聞き、すぐに対応してくれるフロントマンがいれば、そのマンション管理会社への満足度も増していきます。

マンション管理会社を選ぶならこちら。

住民や理事会(住民による管理組合)とマンション管理会社の間を取り持つのがフロントマンの重要な役目です。ホテルにお客様のリクエストにすぐに対応するフロントがいるように、マンション住人のリクエストが増えたり、多様化していく中ですぐに対応し、ふさわしい知恵を授けたり、業者を紹介してくれたりするフロントマンがいてくれるなら助かります。
有能なフロントマンがそのホテルの顔と言えるように、優秀なマンションのフロントマンはその管理会社の顔ともなります。

フロントマンの業務とはどのようなものでしょうか?
マンションに常にいる管理人とは違います。フロントマン自らが、普通は日常清掃、エレベーター・消防等の設備点検、植栽の剪定は行いません。そうしたマンション管理に関わる様々な業務の管理、手配をするのが仕事です。
マンションに常駐の管理人がいるならその業務態度の指導も行います。ホテルのフロントマン自らが、料理やクリーニングをするのではなく、その道のプロを紹介するのと同じ事です。ホテルのフロントがホテルと周辺の事情に精通しているように、マンションのフロントマンもマンションに関する法律、建物、設備などの知識に精通しています。

さらにマンション住民による理事会とマンション管理会社との仲介役も主要な仕事の一つです。理事会や住民総会などで、住民からのリクエストを聞き、それにどのような形で管理会社が対応したか後日あらためて回答する、こうした仕事を行います。

では、有能なフロントマンが在籍するマンション管理会社を選びましょう。それが住民の快適なマンションライフに結びつくからです。

Copyright © マンション管理会社フロント選び. All rights reserved.